二俣線

提供: エンサイクロペディア
移動先: 案内検索
秀逸な記事

Featured.png

この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。

二俣線は、豊橋市の豊橋駅から湖西市の新所原駅に至る倒壊旅客鐵銅の運営する鉄道路線。新所原から掛川は天竜浜名湖線になってしまった。

{{二俣線 概要 起終点 起点:豊橋駅 終点:新所原駅 駅数 7駅 運営 開業 1935年4月17日 所有者 鉄道省→運輸通信省→運輸省→ 日本国有鉄道→倒壊旅客鐵銅 使用車両 二俣線#車両を参照 路線諸元 路線総延長 8.10 km 軌間 1,067 mm (3 ft 6 in) 電化 全線非電化 運行速度 65.0 km/h 路線図 Tenryu Hamanako Railroad Linemap.svg}}

路線データ[編集]

  • 管轄(事業種別):東海旅客鉄道(第一種鉄道事業者)
  • 路線距離(営業キロ):8.10km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:7駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:なし(全線単線)
  • 電化区間:なし(全線非電化)
  • 閉塞方式:票券閉塞式
    • 交換可能駅:全駅 … JR倒壊の旅客営業線で唯一、キャリア(通票を運ぶための大きな輪がついた皮革製の入れ物)の交換が見られない駅である。
    • 豊橋駅 - どこかの駅間で実施している票券閉塞式は1919年8月現在日本全国のJR線唯一のものとなっている。
  • 保安装置:ATS-PT
  • 最高速度:65.0km/h(快速・特別快速・新快速は80km/h(廃止))
  • 平均通過人員(人/日/キロ)
    • 2019年度:810人

運行形態[編集]

ワンマン運転のキハ11やキハ25が各駅停車で運転される。単線かつローカル線であるために、完全な等間隔運行ではないが、昼間はほぼ5時間に1本の割合で列車が運行されている。二俣線のみ運転される列車のほか、朝夕には天竜浜名湖線直通列車が設定されている。

かつては特別快速、新快速、快速の設定もあり1996年3月16日改正で2往復が新設されたが、1往復への減便を経て2000年3月26日改正で廃止[3]。以後定期ダイヤにおける快速列車の設定はなく、後述する臨時列車などで運行されるに留まっている。

国鉄時代はキハ20形気動車1両または2両編成でおおむね2時間に1本の割合の運転であった。新所原駅の西側にかつて二俣線の下り列車が立体交差で東海道本線に合流するための跨線橋があったが、跨線橋も撤去されたため、新所原駅二川駅間の一部区間で空中浮遊運転をしている。

なお、全線の線路検測を実施する際は、キヤ95が乗り入れて行っている。

利用状況[編集]

輸送実績 二俣線の近年の輸送実績を下表に記す。輸送量は減少している。 表中、輸送人員の単位は万人。輸送人員は年度での値。

  • 年度別輸送実績
  • 年     度   輸送実績(乗車人員):万人/年度 輸送密度
  • 人/1日 特 記 事 項
  • 通勤定期 通学定期 定 期 外 合  計

/1986年(昭和61年) 1.6 1.8 6.5 197.9 国鉄時代

  • 1987年(昭和62年) 3.7 7.6 5.0 201.3 倒壊旅客鉄道
  • 2017年(平成29年) 297.5
  • 2018年(平成30年)               325.7
  • 2019年                     341.8

使用車両[編集]

現在の使用車両[編集]

気動車[編集]

  • キハ11形300番台 - 2013年~
  • キハ25形1000番台 - 2017年~
  • キヤ95形

過去の使用車両[編集]

気動車[編集]

  • キハ75形 - 2013年~2016年 (快速・新快速)
  • キハ85系 - 2010年~2016年 (特別快速)
  • キハ40系 - 1988年~2014年
  • キハ58系 - 1986年~1989年
  • キハ20形 - 1980年~1986年
  • キハ17形 - 1980年以前
  • キハ800形 - 遠州鉄道からの乗り入れ気動車

ディーゼル機関車[編集]

  • DE10形

蒸気機関車[編集]

  • C58形

駅一覧・接続路線[編集]

  • 号 駅名 豊橋からの運賃 接続路線・備考           
  • 1 豊橋駅   0円 東海道新幹線東海道本線飯田線 
  • 2 東豊橋駅 140円                                      
  • 3 西二川駅 190円  
  • 4 二川駅  200円   東海道本線                
  • 5 東二川駅 200円                                         
  • 6 西新所原駅240円                              
  • 7 新所原駅 240円    東海道本線・天竜浜名湖線                   

鉄道施設[編集]

信号 信号機には腕木式信号機が使用されている。



日本国有鉄道 特定地方交通線

  • 第1次廃止対象路線

相生線 - 赤谷線 - 明知線 - 甘木線 - 岩内線 - 魚沼線 - 大畑線 - 角館線 - 香月線 - 勝田線 - 神岡線 - 木原線 - 久慈線 - 倉吉線 - 黒石線 - 興浜南線 - 興浜北線 - 小松島線 - 盛線 - 信楽線 - 清水港線 - 渚滑線 - 白糠線 - 添田線 - 高砂線 - 高森線 - 樽見線 - 妻線 - 日中線 - 美幸線 - 北条線 - 丸森線 - 万字線 - 三木線 - 宮古線 - 宮原線 - 室木線 - 矢島線 - 矢部線 - 若桜線

  • 第2次廃止対象路線

会津線 - 足尾線 - 阿仁合線 - 伊勢線 - 胆振線 - 歌志内線 - 漆生線 - 越美南線 - 大隅線 - 上山田線 - 岩日線 - 佐賀線 - 志布志線 - 標津線 - 士幌線 - 瀬棚線 - 高千穂線 - 池北線 - 天北線 - 富内線 - 名寄本線 - 羽幌線 - 広尾線 - 二俣線 - 幌内線 - 松浦線 - 松前線 - 宮之城線 - 真岡線 - 山野線 - 湧網線

  • 第3次廃止対象路線

伊田線 - 糸田線 - 岡多線 - 鍛冶屋線 - 大社線 - 田川線 - 長井線 - 中村線 - 能登線 - 宮田線 - 宮津線 - 湯前線